幼稚園受験のメリット。

幼稚園受験というのは、やはりイメージとして早すぎるのではといわれています。しかし大きなメリットがあり、それは内部進学ができることです。この制度があるため、その幼稚園に入ることができれば、簡単な試験を受けるだけで、その系列となる学校に進学できます。これは嬉しい点であり、大学まであるところも少なくありません。このことからも幼稚園受験が早すぎるということもありませんし、逆に考えれば、先に待ち受けている厳しい受験を勝ち抜く必要もなくなります。気持ちの面でも余裕ができます。また、こういった受験をすることで、たとえ系列の学校がない場合でも、その先の受験を見据えた子供さんが多いため、受験先の園がフォローしてくれることもあります。小さいうちはとにかく元気に遊ぶという考え方も間違いではありません。しかし時代の流れと共に、早いうちから学ぶことが一般的となりました。

幼稚園の受験は早期教育が大切です。

これから先の進路を見据えるという理由や、学歴のブランド志向を重視する家庭も増えているため、幼稚園から受験があるところを選ぶ家庭が増えてきました。幼稚園の受験といえど、知育に関する問題が多い事や、年齢相応の受け答えができるかといった面接も重視されるため、対策が講じられる塾が増えてきました。この塾では、受験の過去問題を通した考え方に関する勉強のほか、講師との会話を通じて快活さや前向きな子どもを育てる工夫を行っています。また親御さんに対する面接の心構えや、幼稚園での生活等をレクチャーするセミナーも定期的に行われているので、万全の状態で試験に臨むことができるでしょう。ただし、入園に向けた試験を受けるためには早期教育がとても大切です。早い人では情操教育も兼ねて産まれてすぐのころから塾で様々な学習を取り入れています。

試験だけでなく事前に決まる幼稚園の受験

幼稚園の受験は試験をするだけでなく、事前の見学会などからすでに試験ははじまっています。入園希望のために見学会などに参加した時には名前を記載している見学申込書などを提出しますが、名前を記載した事によって個人が特定されるので見学者の行動と名前が結び付いてしまうので、園の職員などに印象を持たせてしまいます。親御さんも入園希望の子供も特定されてしまいます。プラス面の印象は好印象となり、実際の選抜試験の時に優位になりますが、マイナスイメージは選抜試験の時や面接を受けても入園が難しくなってしまう場合があります。園の方針に合わないという印象を持たれてしまい敬遠されてしまいます。そこで、見学会などにいきなり行くのではなく、事前に良く調べる事が重要です。友人や知人の勧めだけでなく、自分で調べる事によって幼稚園の校風が家庭と合っているかどうか判断ができます。