幼稚園の受験の願書で重要な事

幼稚園を受験から入園までの流れは、入園の見学会に行く事、募集要項の確認をして願書の配布があるので受け取り、願書の受付がはじまったら提出します。面接などを経て、合格発表そして入園手続きです。願書は配布時期が決まっていて、期間は長い場合であれば受付まで一ヶ月以上ありますが、ほぼ2週間程度なので、受験を志望する幼稚園の願書は確実に入手が必須ですが、書き損じのためにもコピーをしておくと良いです。もちろん提出用は原本ですが、受験のために幼児教室に通っている場合には、幼児教室で添削を行ってくれるので幼児教室での添削用、そして下書き用としてコピーは最低でも2枚は取っておくと良いです。願書を確実に入手するために早めの入手が必須で、丁寧に記入する事が重要です。綺麗に書くことも大切ですが、気持ちを込めて書く事も大切な事です。

幼稚園受験のために願書に記載する基本事項

幼稚園入園のための願書の記入方法は、住所や氏名などの基本的な事のみの記載であったり、子供の仲良しのお友達の名前の記入をしなければいけない園があったりと、幼稚園によって様々です。お友達の名前まで記入する場合には、面接の時に願書に基づいた質問をされる事があります。住所や氏名などの基本的な事柄を記載する場合には、面接の時に子供に先入観なく接したいという意図がある場合があるので、願書によって面接の時の傾向を少しですが判断する事ができます。願書には基本的には、志望動機や子供の長所や短所、今まで行った教育や習い事、家族構成、合格した場合の方法や交通機関、緊急連絡先や園への要望、子供の言葉の状況、病気や怪我、友達やどんな遊びをしているか、といった事を記載します。複数の幼稚園を受験する場合には、園にあった志望動機や子供の性質を記載する必要がありますが、面接の時に記載した事とチグハグにならない様、事実を曲げた事を記載する事は厳禁です。

幼稚園の受験で協調性を養いましょう。

協調性を養いながら受験をしましょう。そのためには礼儀を学んだほうが良いのかもしれません。このようなプロセスを見出して知恵や発想力を蓄えてください。子供たちの個性や潜在能力を引き出すと受験の成功率が高まります。自発的な姿勢で物事を追求して様々な可能性を導き出しましょう。保護者は情熱を抱き続けてください。そして愛情を注ぎ込みましょう。総合的な発達を促すのであればカリキュラムを見直してください。幼稚園では発達段階を見分けて指導方法を考えています。模擬テストなどにも全力を注いでいるので興味があれば参加をしましょう。そして子供たちの課題を見据えてください。講習会が行われているので実施期間を追求してスケジュールを組み立てましょう。入試問題を集約すると子供たちの将来性が明るくなります。達成感を共有しながら実力を身に付けてください。